by uruotte

頭皮のかゆみを防ぐ2つの対策。正しい洗髪方法とシャンプー選びのポイント

正しいシャンプー方法

「汗をかくと頭がかゆくなる。」
「もともと敏感肌だけど、夏になると頭皮のかゆみがひどくなる。」
「身体が熱くなった時だけ頭皮がかゆい。」

そんなお悩みをお持ちの方、以下のようなことをやっていませんか?

□シャンプーを泡立てず、直接頭皮に乗せて洗う
□ シャンプー時、爪を立てて頭皮を洗う
□ シャンプー後のすすぎが足りない
□ 洗髪後にきちんと乾かさない

いま頭皮にかゆみがない人もこれらのことを一つでもやっている人は、頭皮の環境が乱れてきてしまいます。
頭皮環境の乱れがかゆみの原因になります。頭皮のかゆみを抑えるためには「正しい洗髪方法」をまずは知りましょう

対策1 正しい洗髪方法

正しいシャンプー方法

[入浴前] シャンプーの適量を把握する
シャンプーが少なすぎると整髪剤や髪についたよごれが残ってしまうことに。
事前に自分の毛量に合う使用量を確認しましょう。

[予洗い] 予洗いはしっかり
目安は3~5分です。予洗いだけでも汚れの70%は落ちます。

[洗髪時] シャンプーは髪につける前に泡立てる
シャンプーをそのまま髪につけると泡立てようとして強く頭皮をかいてしまうことに。
シャンプーを先に手で泡立ててから髪につけましょう。
また、爪を立てずに指の腹でマッサージするように洗うことも頭皮を傷つけずに洗うポイントです。

[すすぎ] 温度はぬるま湯で。3分以上すすぐ
お湯の温度が高すぎると、頭皮が乾燥しやすくなります。
38度程度のぬるま湯で洗い流しましょう。すすぎ残しのないように。

[入浴後] ドライヤーでしっかり乾かす
濡れたままの頭皮は雑菌が増えやすい場所です。
必ずドライヤーで乾かしましょう。
また、髪にドライヤーの熱を当ててしまいがちですが、“頭皮を乾かす”ことを意識しましょう。
髪の洗い方が正しくでも、自分に合っていないシャンプーを選んでかゆみを防ぎましょう。

対策2 シャンプーの選び方

〇低刺激シャンプー
頭皮に優しい低刺激のシャンプーを選びます。
強すぎる洗浄成分のシャンプーは、必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、頭皮を乾燥させ、頭皮トラブルの原因になります。
洗浄力のマイルドな弱酸性、アミノ酸系がオススメ。

〇頭皮タイプにあったシャンプー
乾燥肌の人は、皮脂を取りすぎない、しっとり仕上がるシャンプーを。
脂性肌の人は、さっぱり仕上がるシャンプーを。
但し、洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮を乾燥させてしまい、かえって皮脂分泌を促してしまうので注意が必要。

【まとめ】

頭皮のかゆみが抜け毛の原因になることもあるので、対策が必要。

「正しい洗髪方法で頭皮、髪を洗うこと」
「自分にあったシャンプーを使うこと」

かゆみの対策はまずはこの2つから初めてみてはいかがですか?

また長時間の帽子着用で頭皮が蒸れたり、日焼けや、負荷のかかるヘアスタイルなどの生活習慣も頭皮のかゆみの原因になるので注意が必要です。

頭皮のかゆみ対策をしても、湿疹やフケ、抜け毛が良くならない場合は、医療機関(皮膚科)に早めに受診することも大切です。

 低刺激なアミノ酸シャンプー

マイルドな洗浄力で、髪と頭皮をしっとり洗います。

by 美髪研究所編集部
美髪研究所編集部がヘアケアと健康についてご案内いたします!