美髪研究所

シーズンケア

春の頭皮トラブルを乗り越える!スキンケア習慣-1

uruotte_ootaninaoko_prof

春になると、頭皮のかゆみや乾燥、赤みなど、アレルギーのような症状が出る方も多いのではないでしょうか?髪に守られているはずの頭皮になぜ季節の変わり目が影響するのか? そのメカニズムを知って対策を講じましょう!

頭皮は守られているから安心?

冬から春にかけて、季節の変わり目になると、頭皮にかゆみや赤みが出たり、乾燥が気になったりする方が多く見受けられます。そこで、なぜ春先になるとトラブルが出やすいのかを、ヘアスタイリストであり、毛髪診断士でもある大谷猶子さんにお話をお伺いしました。

「基本的には、顔などと違って、髪に覆われて守られている感のある頭皮ですが、何かしらのトラブルを抱えている方がサロンにもたびたびいらっしゃいます。特に春先のトラブルには、大きく分けて2つの側面から考える必要があります」

 

と大谷さん。

 

「1つは、頭皮の外側からくる要因です。これは花粉やホコリなどが頭皮に付着することが要因なので、髪がある分、ある程度は防ぐことができます。ですが、逆をいえば、髪があることでケアしにくいとも言えるのです」

 

と指摘します。

 

付着したものをきちんと落とす必要がでてきます。そうすると、頭皮をしっかりと洗わないとなりませんが、正しく頭皮を洗うには、髪の根元に指を入れて頭皮を洗う必要があり、なかなかできていない人が多いのが現状です。

 

花粉やホコリなどが付着した場合は、きちんと洗っておけばかゆみなどは防げる可能性が高くなります。ですが、頭皮にトラブルを抱えていたり、もともと抜け毛などを心配されている方の中には、そもそも洗髪回数を減らしている場合も。すると、アレルゲンとなる花粉などが付着したまま過ごすことになるので、かゆみなどが出てしまうこともあるのです」

 

と大谷さん。

 

もう一方の側面である「内側からくる要因」についても伺ってみましょう。

 

>> 続きはこちら

 

当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。

【PR】シャンプー

髪や肌と同じ弱酸性アミノ酸洗浄剤が主成分の頭皮と髪にやさしいシャンプー。低刺激で赤ちゃんや肌の弱い人にもオススメです。