by uruotte

【髪と頭皮の基本の”き”】冬になると本当に乾燥しやすいの!? 「乾燥」のメカニズムを知ろう

大谷猶子さん
今回、お話を伺ったのは…
ヘアスタイリスト・毛髪診断士

大谷 猶子(おおたに なおこ)さん

完全予約制のヘアサロン「Hair Orutane」代表。都内美容院に勤務後、NYのヘアサロンに勤務。帰国後は、雑誌、広告などで活躍。管理理容師免許、欧米コスメトロジーライセンス、アーユルヴェーダディプロマを持つ。日本毛髪科学協会会員でもある。


冬になると、毛先のパサつきや静電気、頭皮の乾燥などが気になる方も多いのではないでしょうか?でも、本当に「冬だから」乾燥するのでしょうか?そもそもどうして乾燥するのか?そのメカニズムを知って対策を講じましょう!

冬だから乾燥するって本当?

冬=乾燥というイメージがあるけれど、頭皮や髪がどのくらい季節によって影響を受けるものなのかをまず知ることが大切だと思い、ヘアスタイリストであり、毛髪診断士でもある大谷猶子さんにお話を伺いました。

「基本的に、髪の乾燥と頭皮の乾燥は分けて考える必要があります。要因がそれぞれ異なるので」

と大谷さん。

「まず皆さんが気になるのは、髪の乾燥だと思います。ですが、髪の乾燥には頭皮の油分が深く関係しているのをご存知ですか?まずは自分の頭皮の油分の状態を把握することが髪の乾燥対策につながるんですよ」

と意外な答えが!

「頭皮の油分の分泌量は個人差があります。毎日シャンプーしていても、夜には髪の根元がベタついてくるという人はオイリーなタイプと言えますし、そこまでベタつきは感じないという人はノーマルタイプだと言えるでしょう。
ちなみに、頭皮は毛穴の数も皮脂腺も密集している部分なので、ドライタイプという人は少ないようです

とのこと。皆さんの頭皮の油分はいかがでしょうか?

「頭皮の油分が髪の乾燥に関係していると言いましたが、じつはこの油分が髪のうるおいにつながっているのです。寝ている間に頭皮の油分が髪へと伝わり、そして毛先まで行き、うるおいやツヤとなっているのです。(ただし、ロングヘアの方は毛先までは届きにくい)」

と言います。

とはいえ、体調や生活習慣の乱れ、ストレスなどで、頭皮の油分バランスは崩れることもあるそう。

頭皮の油分は毎日一定とは言えません。そのため、体調のバロメーターにもなると言われているんですよ!でも、季節によっての変化は、実はさほどないのです。基本的に頭皮は髪に守られているので、それほど影響を受けないと考えられているのです、皆さんもぜひ、頭皮の油分を観察する習慣をつけてみてください」

と大谷さん。

uruotte_2016winter_haircare_2

「比較的、油分のある人は髪の乾燥も気になりにくいのではないかと思います。ロングの方は油分が毛先まで伝わりにくいので、毛先にだけ、洗い流さないトリートメント リペアミルクをつけるといいですね。そのほか、髪は湿度が低下すると、パーマやカラーなどを頻繁に行っている場合も乾燥しやすいので、リペアミルクを活用したり、シャンプーをよりしっとりするuruotteアロマ香り付に替えるのもよいでしょう」

とアドバイスしてくださいました。

一方、頭皮のケアはどうすればよいのでしょう…?

頭皮の乾燥対策は、
正しいシャンプーで!

「頭皮が乾燥してフケが出るんですとか、かゆみがあるんです、という人は、乾燥が要因なのではなく、シャンプーが合っていなかったり、きちんと洗えていなかったり、体調による要因のほうが可能性が高いと思います」

とのこと。

正しいシャンプー

「ヘアケアの基本は、やはり“きちんと洗い、流すこと”にあります。乾燥していると感じると、シャンプーの回数を減らしてしまう人も多いのですが、油分の分泌は1年を通してほぼ変わりません。毎日、皮脂は出ていて、そこにホコリなどの汚れも付着するので、シャンプーを行う頻度は毎日、もしくは1日置きがベスト」

と大谷さんは言います。

正しい洗い方をおさらい!

では、フケやかゆみが出た場合のケアはどうしたらよいのでしょうか?

「まずはきちんと洗えているかを見直してみてください!シャンプーを髪にのせて泡立てようとしても、なかなか泡立たない、泡の量が少ないというときは、決まって洗えていないものです。泡立ちが少なく、髪全体に泡が行き渡っていない場合は、水を足し、それでも足りないときはシャンプーを足すなどして、その日の頭皮の油分に合った適量を見つけてくださいね。また、ワックスなどの整髪料をつけている場合は、2回シャンプーしたほうが無難です。1回目は整髪料を落とすために、2回目は頭皮と髪を洗うために。すると、しっかり汚れを落とすことができます」

と大谷さん。

そのほか気をつけたいこととして、

お風呂場が寒いからといって、熱いお湯で洗わないことです。熱いとそれだけで油分が奪われてしまいますから」

とのこと。
かゆみ、フケ対策

かゆみに関しては、

「頭皮ケアエッセンス(uruotteハーバルエッセンス)には保湿する成分も入っていますし、かゆみ防止成分も入っているので、取り入れてみるのもオススメです。乾いたフケが出ている場合は、洗髪前に一度オイルを塗っておき、少し時間をおいてからシャンプーする方法もあります。油分は油でしか落ちないので、オイルで浮かすことができるのです。また、もともとアレルギーやアトピー性皮膚炎をお持ちの方はかゆみが出たら、早めに皮膚科を受診して」

と大谷さんは教えてくださいました。

冬でもすこやかな頭皮、艶やかでうるおいに満ちた髪でいるためには、“洗う”基本が大事なんですね!皆さんもさっそく“洗う”を今一度見直してみてはいかがでしょうか?

by 美髪研究所編集部
美髪研究所編集部がヘアケアと健康についてご案内いたします!

当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。