美髪研究所

シーズンケア

冬になると本当に乾燥しやすいの!?
「乾燥」のメカニズムを知ろう-2

uruotte_ootaninaoko_prof

この季節、毛先のパサつきや静電気、頭皮の乾燥などが気になる方も多いのではないでしょうか?でも、本当に「冬だから」乾燥するのでしょうか?そもそもどうして乾燥するのか?そのメカニズムを知って対策を講じましょう!

「乾燥のメカニズムを知ろう-1」はこちら

 

頭皮の乾燥対策は、
正しいシャンプーで!

 

一方、頭皮の乾燥ケアはどうすればよいのかというと…。

 

頭皮が乾燥してフケが出るんですとか、かゆみがあるんです、という人は、乾燥が要因なのではなく、シャンプーが合っていなかったり、きちんと洗えていなかったり、体調による要因のほうが可能性が高いと思います」とのこと。

 

「ヘアケアの基本は、やはり“きちんと洗い、流すこと”にあります。乾燥していると感じると、シャンプーの回数を減らしてしまう人も多いのですが、油分の分泌は1年を通してほぼ変わりません。毎日、皮脂は出ていて、そこにホコリなどの汚れも付着するので、シャンプーを行う頻度は毎日、もしくは1日置きがベスト」と大谷さんは言います。

uruotte_2016winter_haircare_1

正しい洗い方をおさらい!

 

では、フケやかゆみが出た場合のケアはどうしたらよいのでしょうか?

 

「まずはきちんと洗えているかを見直してみてください!シャンプーを髪にのせて泡立てようとしても、なかなか泡立たない、泡の量が少ないというときは、決まって洗えていないものです。泡立ちが少なく、髪全体に泡が行き渡っていない場合は、水を足し、それでも足りないときはシャンプーを足すなどして、その日の頭皮の油分に合った適量を見つけてくださいね。また、ワックスなどの整髪料をつけている場合は、2回シャンプーしたほうが無難です。1回目は整髪料を落とすために、2回目は頭皮と髪を洗うために。すると、しっかり汚れを落とすことができます」と大谷さん。

 

そのほか気をつけたいこととして、

 

「お風呂場が寒いからといって、熱いお湯で洗わないことです。熱いとそれだけで油分が奪われてしまいますから」とのこと。

 

それでは、かゆみはどうすればよいのでしょうか…?

 

「気になるかゆみ対策は…?」
→→ 続きはこちら

当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。

【PR】シャンプー

髪や肌と同じ弱酸性アミノ酸洗浄剤が主成分の頭皮と髪にやさしいシャンプー。低刺激で赤ちゃんや肌の弱い人にもオススメです。