by uruotte

肌は感覚器!免疫にも関係していた?【脳心育スキンケア】vol.3

こんにちは。
子どもの「心の安全基地」を3歳までに創る!“脳心育(のうしんいく)スキンケア”アカデミーを主宰している長田 和歌子です。

私は、自身が幼少期よりアトピー性皮膚炎を患い、痒みと格闘したことや、同級生にからかわれた経験があります。
「そんな経験を我が子にはさせたくない!」という想いから、肌をすこやかにたもつ方法はないものか…と模索してきました。

そのなかで出合ったひとつの方法が“スキンケア”だったのです。

赤ちゃんからのスキンケアの基本を知ることで、育児中の皆様のお役に立てればうれしいです。

 


 
この時期になると、お母さんたちから問い合わせが殺到するのが、“肌の乾燥”です。

大人でも適切なケアができていないと、途端に乾燥してしまう冬。子どもの未熟な肌なら尚更です。

 

乾燥を放置しておくと…?

 
この“乾燥”、「子どもだから仕方ないよね」「まぁ、何か塗ったところでまた乾燥するし…」と放って置かれるお母さんが実際、けっこういらっしゃるのですが、実は放っておくと、大変なことになるんです!!

それは、ただ単に乾燥している状態だけでなく、乾燥から痒みに発展する場合もありますし、そして何より、免疫力が下がる可能性もあるのです!

小さなお子さんをお持ちのお母さんにとって、免疫力が下がるとは聞き捨てならないはず。

 

肌と免疫の関係

 
なぜ、肌と免疫力が関係しているのかというと、「肌は感覚器」だからなのです。

もう少し詳しく説明しますと…。

たとえば、ちょっとごわごわした下着を着たとき、不快な気分になったりしますよね?

でも、人間って、時間が経つと慣れてしまいます。すると、朝は気になっていたのに、昼過ぎには気にも留めていないことってけっこうあります。

でも、気にならなくなっていても、肌はずっと不快だという信号を脳に送り続けていることに!

すると、自律神経に影響し、免疫が下がるというデータがあるほどなのです。

逆に、心地よい下着などに包まれていると、免疫が上がるとも言われています。

 

 

乾燥を侮るなかれ!

 
このように、肌という感覚がどう感じているかによって、免疫力まで左右しているのです。

そう思ったら、肌が乾燥している状態ってどう思います? そう、不快ですよね。

乾燥が進むと、関節を曲げ伸ばしするだけで、ピキッとつれるような感覚になったりしますし、パックリと割れてしまうことも…。

そんな状態が続くと、自分自身は「またか」くらいにしか思わなくても、肌はずっと不快信号を脳に送り続けていることになるのです。

だからこそ、たかが乾燥と侮ることなく、しっかりご自身もお子さんも対策をされてくださいね!

肌がしっとり潤うだけで、心地よい=快の情報が脳に送られますし、親子のコミュニケーションの時間にもなります。

冬から春にかけてがもっとも乾燥するシーズンですので、春先までしっかり保湿されることをオススメします。

 

 

長田 和歌子(ながたわかこ)さん

「脳心育スキンケア・アカデミー」主宰、美容エディター
大学卒業後、出版社にて勤務。独立後はビューティエディターとして、雑誌やWeb、書籍、広告などで活動中。その傍ら、ベビースキンケアの研究や食育指導士、メディカルアロマテラピー アドバイザーの知識を持って、「脳心育スキンケア・アカデミー」を主宰し、お母さんたちへのセミナーも精力的に行っている。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。