by uruotte

栄養の宝庫「大根の葉っぱ」でぽっかぽか【やまと薬膳】からだを整えるお弁当 vol.2

こんにちは、やまと薬膳[からだリセット]料理人の中島ふみえです。

毎月第一金曜日、表参道のコミュニティサロン「Grenier(グルニエ)」にて、完全予約制で「からだを整えるお弁当の会」を開催中。

自然栽培のお野菜や手作りの発酵調味料をつかって、体調をととのえるお弁当をつくります。


11月です。

里芋やサツマイモ、大根、ごぼう…

これぞ秋の味覚!といったお野菜がお店にならぶようになりました。

これらの野菜、私たちが主に食しているのは「根っこ」の部分ですが、実は葉っぱや茎も美味しく頂くことができます

 

ひと手間かけて栄養価UP!「大根の干葉」

特におすすめしたいのが、大根の葉っぱ。

ビタミンやミネラルなど栄養の宝庫です。

頭が良くなる、という言い伝えも…。

 

生でお醤油をちょっとさしたり、お味噌汁の具にするのもよいですが、おすすめは葉を数日間陰干しした「大根の干葉」。

干すことでさらに栄養価はアップします。

冷え症の方は、干葉をお風呂に入れて浸かると、ぽっかぽかに温まりますよ。

寒い冬に是非試してみてください。

 

11月の「からだを整えるお弁当」メニュー

今月のからだを整えるお弁当は、これからの寒い冬に備えて体を温める根菜たっぷりのお弁当です。

  • 大根干葉の玄米ご飯
  • サツマイモのコロッケ
  • 高菜の醤炒め
  • 冬瓜の味噌餡かけ 陳皮
  • 赤カブのかぼす煮
  • きんぴら
  • 柿の白和え
  • ぬか漬け

サツマイモ、赤カブ、人参、牛蒡、蓮根と根菜たっぷり。

根菜は、土の中をぐいぐいと育っていきます。

寒い時期や体が弱っているときは、生命力溢れるこのエネルギーをいただくのがおすすめです。

特に、人参、ごぼう、蓮根で作るきんぴらは養生料理としても活躍。

血を作る人参、腸をキレイにする牛蒡、呼吸器系をケアする蓮根と体の不調を整えてくれます。

そして、冬瓜の味噌餡かけには陳皮を。

陳皮とは、みかんの皮を乾燥させたもので、新陳代謝を高め細胞のターンオーバーを促進する働きがあります。

中医学では、咳や痰をおさえてくれるとも。

料理の味にも変化が出て、美味しくいただけますよ。

次回の「からだを整えるお弁当の会」は、12月7日金曜日です。

寒くなると冷えや寒さの影響をうけやすい腎臓をケアするお弁当を予定しています。

 


中島さんの【やまと薬膳】からだを整えるお弁当の会は、毎月第一金曜日ランチ(11:30~14:30)開催。※1月は第二金曜日(1/11)開催

その場でお召し上がりも、お持ち帰りもOKです。完全予約制。詳細とお申込みはこちら→

 Grenier
community salon by uruotte

 

中島ふみえ やまと薬膳[からだリセット]料理人
美味しく、楽しく、美しい「ほんもの」の食を。

自然栽培のお野菜や手作りの発酵調味料を使い、季節や体調に合わせたお食事を心こめて作ります。
代官山「やまと薬膳からだリセット」料理人、からだを整えるお弁当・社食、じぶん食料理教室、手しごとワークショップ。やまと薬膳上級修了。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・引用、画像の無断複製・転用を禁じます。